手取り15万円の私でも年30万貯金できた!先取り貯金って?

貯める

貯金が出来ない・・・」良く聞く悩みですよね?

私も社会人になりたての頃は、お給料が入って残った分を貯金していけばいいやと思っていました。

入社1年目の手取りは18万ほどでしたが、会社から家賃補助があり18万円まるまる使えていたので貯金は余裕のはずでした。

ところがあら不思議。お給料日前になると銀行残高はギリギリでとても貯金なんて出来ませんでした。

人間まだあると思うと気が大きくなって使ってしまうんですよね。

転職して料理人になった時の手取りは15万円。ここから家賃も払っていたので、転職前より厳しい生活のはずでしたが、しっかり貯金できていて年間30万円近くためることができました。

この差は何だったのでしょう?

それは先取り貯金を実践していただけでした。

スポンサーリンク

先取り貯金って?

先取り貯金とは

お給料が入った時点で、決まった金額を貯金専用口座に移して残りは自由に使うというもの

手取り15万になった時、これはやばいとお金の勉強をしたところ、よく目にしたのが先取り貯金でした。

え?それだけで貯まるの?って思うかもしれませんが、これが貯金の必勝法と言ってもいいかもしれません。

なんだかんだ、人はある範囲で生活するようになるものです!(逆にあれば使っちゃうのも自然なことです。笑)

収支の内訳

当時の収入源はお給料のみでボーナスは無しでした。

家計簿をつけていたわけではないのでざっくりですが、収支の内訳は

収入(手取り)15万
支出
家賃5万
通信費(スマホ・インターネット)1.5万
光熱費0.8万
先取り貯金2万

残りの5.7万円を食費や交際費にあてていました。

当時は月5日の休みだったので遊ぶこともあまりなく、これが残る状態だったので、2万×12カ月+αで年間30万円は貯金できていました。

食費を1日千円で月3万だとしても2.7万は遊ぶお金にあてられます。たくさん遊べるわけではないですが、手取り15万円で貯金もできてこれくらい残るなら十分ではないでしょうか?

当時は格安スマホも出てきたばかりで、サービスに不安もあり変えなかったのですが、今ではサービスも安定してるので格安スマホに乗り変えれば通信費は1万円以下に抑えられると思います。

また今では楽天経済圏という言葉もあり、楽天モバイルやネット・電気に乗り変えてポイントを貯めて、そのポイントでお買い物をすればさらに支出は抑えられるはずです。

そこまでしなくても貯金できていたので、今読んでくださっているあなたも出来そうな気がしませんか?

先取り貯金の方法

貯金に効果的なのは分かったけどどうすればいいの?って思う方に具体的な方法を紹介していきたいと思います。

ポイントは「簡単に引き出せない口座に移すこと」です

自動積立定期預金

指定した日に、指定した金額が普通口座から定期預金に自動的に振り替えられる制度です。定期預金は解約手続きをしなければいけないので、簡単には引き出せず効果的です。

各銀行である制度なので、まずはここからはじめるのがおススメです。

各銀行、ネットからでも申し込みできるのですぐ申し込みましょう!

財形貯蓄(一般財形貯蓄)

これは勤務先に制度があれば使えるものですが、毎月給与天引きで一定額が定期預金に積み立てられる。積み立て期間は3年以上だが、積み立て開始から1年経過した後は、自由に払い戻しができる制度です。

上の定期預金より引き出すのが大変なので、しばらく使う必要のないお金を貯めるのによいと思います。

つみたてNISA・投資信託

上の2つの方法で現金を貯めることが出来たなら、少しリスクはありますが貯めながら増やす方法にシフトしていくのもいいかもしれません。

NISAとは「少額投資非課税制度」のことで、株式の譲渡益や投資信託の分配金に課税される税金(20.315%)が非課税になるという有利な制度です。

つみたてNISAは20年間ものあいだ非課税にすることが出来ます。

もちろん元本割れのリスクもありますが、長期間積み立てていくことで買い付け金額が低く抑えられリスクを軽減してくれます。

iDeCo(個人型確定拠出年金)

iDeCoなら毎月の掛金が全額所得控除として扱われ、所得税や住民税の節税になります。

ただし、原則として60歳まで引き出しができないことです。この点はデメリットではありますが、裏を返せば強制力が働くので、しっかりとお金を貯められるというメリットにもなります。

老後への不安がある方で、毎月これだけは出せる!という範囲で老後まで必要ない程度の金額を出せる方は使っていきましょう!

まとめ

今回は貯蓄の王道、先取り貯金について実体験を基に書いてきました。

月に5000円でも1万円でも、積み上げていけば必ず大きな金額になってきます!きっと過去の自分に感謝する日が出てくると思います。

今のほんの少しの手間を惜しまずに一緒に頑張っていきましょう!

スポンサーリンク

貯める

Posted by tanamasa