オススメのポイントサイト比較記事はこちら

【1株投資を始めたい!】どの証券会社を選べばいい?9社を比較してみた!

Twitterやインスタグラムを見ていると、ネオモバLINE証券などで投資をしている人が増えていますよね!

今まで100株からしか買えなかった株が1株から買えるようになり投資がかなり身近な存在になっています。

自分も投資を始めてみようかなぁ

と思っていてもどこの証券会社で始めればいいか分からないなんて人もいると思います。

そこで今回は、1株から投資を始められる証券会社を比較してみました。

それぞれに長所短所があって、

長所を活かすには目的別におススメする会社が違うという結果になりました。

最後まで読むのが面倒だなと思う方は、SBI証券をオススメします。

最後まで読んで頂くことで、あなたにおススメの証券会社がきっと見つかります

本記事の内容は2022年9月時点のものです。2022年9月26日にSBI証券とネオモバイル証券の経営統合が発表されました。10月7日をもってネオモバイル証券の新規口座開設の受付は終了しています。2023年3月13日に経営統合の予定とのことですが、今後新しい情報が発表され次第、記事の内容変更をする予定です。

スポンサーリンク
目次

【1株投資を始めたい!】どの証券会社を選べばいい?9社を比較してみた!

1株からの投資を始めたいけれど、どの証券会社を選べば良いか迷ってしまいますよね?

そこで1株投資が出来る9社をくらべてみました。

【1株投資を始めたい!】それぞれの特徴は?

それぞれ証券会社について、手数料やNISA口座の対応、約定時間等についてくらべてみました。

スクロールできます
サービス名NISA口座買付手数料売り手数料ポイント投資定期買付サービス約定時間取り扱い銘柄IPO
ネオモバイル証券S株×~50万円/220円
~300万1100円
~500万/3300円
~1000万/5500円
以降100万円毎に1100円
(売りと買いの約定代金合計)
~50万円/220円
~300万1100円
~500万/3300円
~1000万/5500円
以降100万円毎に1100円
(売りと買いの約定代金合計)
(Tポイント)0:00~7:00/当日前場始値
7:00~10:30/当日後場始値
10:30~13:30/当日後場終値
13:30~24:00/翌営業日前場始値
東証
SBI証券S株0円0.55%または55円××0:00~7:00/当日前場始値
7:00~10:30/当日後場始値
10:30~13:30/当日後場終値
13:30~24:00/翌営業日前場始値
東証×
LINE証券いちかぶ×0.2~1%
(銘柄・時間帯によって異なる)
0.2~1%
(銘柄・時間帯によって異なる)
(LINEポイント)×リアルタイム選定1500銘柄
auカブコムプチ株0.55%または52円0.55%または52円(Ponta)0:01~10:00/当日後場
10:01~23:00/翌営業日前場
23:01~24:00/翌営業日後場
東証・名証×
マネックス証券ワン株0円0.55%または52円××後場始値のみ東証・名証×
日興フロッギーキンカブ~100万/0円 100万~/1%~100万/0.5% 100万~/1%(dポイント)5:00~8:00/当日前場
8:00~11:30/当日後場
16:00~翌2:00/翌営業日前場
東証×
CONECTひな株0.50%0.50%(dポイント・Ponta)リアルタイム東証の一部
岡三オンライン単元未満株~2万円/220円
~3万/330円
~10万円/660円
以降10万円増毎に660円増
~2万円/220円
~3万/330円
~10万円/660円
以降10万円増毎に660円増
××16:15~21:00/翌営業日前場
21:00~0:00/翌営業日後場
0:00~10:30/当日後場
東証・名証×
野村証券まめ株1.1%(最低手数料550円)1.1%(最低手数料550円)××6:00~14:00/当日終値
15:35~翌2:00/翌営業日終値
東証・名証×

同じ1株投資でもそれぞれ違ってきますね。

  • 岡三オンライン野村證券手数料がずば抜けて高いので、1株投資をするには選択から外して良いと思います
  • auカブコム証券CONECT買付と売却両方に手数料(またはスプレッド)がかかるので、選択から外して良いかもしれません。(どうしてもPontaポイントで投資したい人はauカブコム証券でも良いと思います)
  • マネックス証券も約定時間が後場始値のみなので少し微妙な気がします

残るは「ネオモバイル証券」「SBI証券」「LINE証券」「日興フロッギー」の4つとなりました。

この中でLINE証券は、

売買出来る銘柄が約1500銘柄・買い売り両方にスプレッドがかかるという不自由さがあります。

しかし

LINEポイントで株が買える点と、リアルタイムの株価で約定出来る点、スプレッドもそれほど高くない

ので、不自由さをあまり感じない人はLINE証券もありだと思います。

また口座開設時にカンタンなクイズに答えるだけで3000円分の株がもらえるキャンペーンがあるので、口座開設をして3000円分貰ってサブ口座としておくのも良いかもしれません。

【1株投資を始めたい!】目的別おススメの証券会社

ではここからは目的別におススメする証券会社を紹介したいと思います。

それぞれの目的ごとに見ていきましょう!

 ポイント投資をするなら「SBIネオモバイル証券」か「日興フロッギー」

貯まったポイントで投資をするななら「ネオモバイル証券」か「日興フロッギー」がいいですね!

がそれぞれ使えます。LINE証券もLINEポイントで株を買えますが、他のポイントより貯まりにいので除外しました。

どちらのポイントをメインで貯めているかで使う口座を決めてもらえればいいと思います。ちなみに筆者はポイントサイトで貯まったポイントをTポイントに換えてネオモバに使っています。

 高配当株投資をするなら「SBI証券」か「日興フロッギー」

高配当株投資をする方は、基本的に売らずに持ちつづける戦略だと思います。なので買付手数料が無料の「SBI証券」か、約定代金100万円以下の手数料が無料の「日興フロッギー」がいいと思います。

SBI証券日興フロッギーNISA口座にも対応しているので、配当金の税金が引かれなくてオススメです。

ネオモバイル証券も最小手数料が220円かかりますが、Tポイントで200ポイント返ってきて株の購入につかえて実質20円/月の手数料なのでアリかと思います。(ただしNISA口座には対応していません)

ネオモバイル証券を使って高配当株投資を続けた記事もあるので、よかったら見てみてください。

 短期間の売買をするなら「ネオモバイル証券」・「SBI証券」・「LINE証券

数日間から数週間ほどで売買を繰り返すなら、「ネオモバイル証券」・「SBI証券」・「LINE証券」がおススメです。

ネオモバイル証券」は1か月の約定代金が50万円以下なら実質20円ですし、「SBI証券」は買付手数料が無料なので気になった株を買いやすいですね!

LINE証券は買付手数料(スプレッド)がかかりますが、リアルタイムの株価で売買できるので、急騰銘柄など超短期のトレードにも使えます。

スクロールできます
サービス名NISA口座買付手数料売り手数料ポイント投資定期買付サービス約定時間取り扱い銘柄IPO
ネオモバイル証券S株×~50万円/220円
~300万1100円
~500万/3300円
~1000万/5500円
以降100万円毎に1100円
(売りと買いの約定代金合計)
~50万円/220円
~300万1100円
~500万/3300円
~1000万/5500円
以降100万円毎に1100円
(売りと買いの約定代金合計)
(Tポイント)0:00~7:00/当日前場始値
7:00~10:30/当日後場始値
10:30~13:30/当日後場終値
13:30~24:00/翌営業日前場始値
東証
SBI証券S株0円0.55%または55円××0:00~7:00/当日前場始値
7:00~10:30/当日後場始値
10:30~13:30/当日後場終値
13:30~24:00/翌営業日前場始値
東証×
LINE証券いちかぶ×0.2~1%
(銘柄・時間帯によって異なる)
0.2~1%
(銘柄・時間帯によって異なる)
(LINEポイント)×リアルタイム選定1500銘柄
マネックス証券ワン株0円0.55%または52円××後場始値のみ東証・名証×
日興フロッギーキンカブ~100万/0円 100万~/1%~100万/0.5% 100万~/1%(dポイント)5:00~8:00/当日前場
8:00~11:30/当日後場
16:00~翌2:00/翌営業日前場
東証×

【まとめ】1株投資を始めるならネット証券

1株投資が出来る証券会社9社を比較してきました。

  • NISA口座に対応しているか?
  • ポイントで投資が出来るか?
  • 手数料は安いか?
  • 約定タイミングは多いか(またはリアルタイムか) 

など使う人によってチェックする項目は違うと思います。

どのように投資をしていきたいかという目的ごとに

をそれぞれおススメします。

少額からの資産形成は、時間を味方につけるのが成功のカギです。小さく始めて多きな資産を築いていきましょう!

もしネオモバイル証券がいいなと思った方は、ネオモバイル証券の新規口座開設の受付は終了しています。SBI証券とネオモバイル証券の経営統合に伴い、ネオモバイル証券のサービスをSBI証券で受けられる可能性があるので、SBI証券の口座開設をオススメします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次